コンテンツ

カテゴリー

和豚もちぶたの管理体制

育種から流通、販売まで一括管理

生産者であるグローバルピッグファーム株式会社は、育種から消費までを一貫したシステムと考え、安全でおいしい豚肉をお客さまの食卓へお届けしています。
生産・流通(日本ベストミート)・販売の3者は、安全性と品質管理における同じコンセプトを持ってよりよい豚肉づくりを目指し、生産から流通を経て店頭で販売されるまで、商品の温度管理・商品管理に厳しいルールを設けています。グローバルピッグファーム株式会社はこのシステムと、それを支える理念を 「ポークチェーン」と呼んでいます。

育種から流通、販売まで一括管理

日本ベストミートは、

「和豚(わとん)もちぶた」の開発から関わり、
グローバルピッグファーム専属の

流通パートナーとして
歩んでいます。

育種

美しいピンク色でつややかなお肉です

日本人の食趣に合った理想的な肉質を追及すること、また品質のバラツキをなくし個体差を少なくすること、この課題をクリアするため、1978年よりたえず肉質や生産性の優秀な上位5%の豚を親豚にし続け「和豚(わとん)もちぶた」の原種豚を完成させました。

肉は美しいピンク色できめが細かく、つややか。
歯ごたえはあるのにやわらかいと高い評価をいただいています。育種は現在も続けられ、時代の食種に合った味をたえず追求しています。

飼料

飼料

天然素材を原料に健康に育てています

飼料は、高品質のとうもろこしなど天然素材を主原料に、成長を急がせるようなカロリーアップをしないこと、出所不明のものを餌に混入しないことなどを守っています。

これにより豚を健康に育て、豚本来のおいしさを引き出しています。(配合される飼料は20種類以上にもおよびます。)

環境

環境

専門的な知識で健康管理を実施しています

健康な豚を育てるために獣医師の専門チームをつくり、予防医学の視点から豚の健康管理の実施・研究を行っています。